So-net無料ブログ作成
検索選択

このブログについて。

イラストレーター「美鈴 秋」が、興味のある事や日々の出来事などを思いついた時に書くブログです。
BLOG内の画像や文章の無断転載はご遠慮下さい。
このブログにつきましては、カテゴリ「このブログについて」をご覧下さい。
前の10件 | -

中近東文化センター [展覧会/講演会他]

だいぶ前から行ってみたいと思っていた、中近東文化センター。こちらのセンターの存在を知った時は、まだ予約なしでも見る事ができていた様な気がするのですが…いつの間にか予約制になってまして…電話が非常に苦手なので…こう…行けずじまいでした。年に3回ほど、予約なしで見る事ができる期間というのがあるらしく(例年ですと4・8・10月頃のようです)、いい感じに仕事の隙間ができた時にたまたま知る事ができたので4月4日に行ってまいりました。ちなみに、2017年の今回の予約なしでも館内の見学ができる期間は4月8日まで。昨年薨去された三笠宮様の名前の付いている図書館が2階にあります。

というわけで?、早速(前から行きたいと思っていたので、そうでもないですがw)行ってまいりました「中近東文化センター附属博物館」。入場料は千円で、受付で入場料を支払った所、施設のリーフレットと素敵な栞を頂きました。
SANY0144.jpg

ヒエログリフのアルファベット表記が掲載されている小さい栞。ローマ字表記が世の中ではもてはやされていますが(私も名前がかけるというローマ字表記のヒエログリフの豆本を作ったほどですw)こちらのアルファベット表記を覚えた方が実は早いのですよねw もちろんヒエログリフはこんなに少ないわけではなくて文字の種類はもっともっと沢山あるのですが、この栞に掲載されている文字は比較的見る機会も多いのではと思います。栞はもう一枚、保存版が欲しいなぁ…と思うので、次に行く機会があればまた入場料を払ってもらってこようと目論んでおります。ただ、展示替えはなさそうな気配なので(確認していませんのでわかりませんが)2度3度見るのはどうなんだろう…。

展示内容は中近東の物がメインで、古代エジプトのものもありますがイランなどそちら方面の展示が多いのかなと感じました。レプリカですが、ロゼッタストーンも見る事ができます。古代エジプト関連では彩色木棺?の蓋がとても素晴らしかったです!あと、比較的新しい年代のものですが、モザイクガラスの切片が綺麗でした。小さいのですけどガラスでアヌビスの模様が描かれていたりするのですよ。かわいい。あと、勇気がなくて(誰も触った形跡がなくて)やれなかったのですが、古代エジプトで使われていたであろう道具で(もちろんレプリカですが)小麦を手で挽く体験コーナーもあります。おそらく置かれている大きな石にまたがって凹んでいる所に小麦を入れて、ちょっと大きめの石ですりつぶす感じじゃないかなぁ…と思われます。個人的には、ファイアンスという陶器の事を古代エジプト語では「チェヘネト」と言って「輝くもの」という意味を持っていたという事を知る事ができたのは嬉しかったですね。それから、古代エジプト関連の本にたまに出てくる「エンマー小麦」。実はその小麦の前に「アイン小麦」というのがあって、種の少ないアイン小麦からエンマー小麦に取って代わったような感じなのかなという事も知りました。ただアイン小麦を品種改良してエンマー小麦が出来たのか、全く別の品種なのかは…メモに書いてきておらず今頃大後悔w 徹夜で好きなものを見に行ってはいけない…記憶が悲しいくらいに飛んでいる所があって辛いです><

それから、三笠宮様が使われていたらしいヘブライ語のうてるタイプライターも展示してありました。これがまたかっこいいんだ…。あと、宮様直筆の年表とかね、綺麗に書かれていてびっくりしましたよ。出版物も展示だけで中身は見れませんでしたが(図書館で見れるのかしら?)読んでみたいなぁと、ちょっと。

一通り展示を見たあとは図書館に行きたいとずっと思っていたので、受付で聞いてみました。図書館にも利用料(300円)が発生するのですが、ものっそい貸切(図書館の方に伺ったところ、利用者がかち合う事はまずないとの事でしたw)で何時間も利用できるのは大変良いですね!静かだし、最高でした。おそらく中近東に特化した図書館だと思いますが、時間がそんなになかったので古代エジプト関連の本だけ見る事に。や、これがね、本当にすごいのです!今まで見てきた図書館の中で(国会図書館や大学の図書館など、大きな図書館にはまだ行った事がないのであれですがw)古代エジプト関連の蔵書が一番多かったです。3〜4m幅(多分それくらいはあったと思う)で、リーフレットの写真で確認しましたが5段ある本段の2列と3分の1が古代エジプト関連の本でした。感動で打ち震えてしまいましたよ!!惜しむらくは洋書が多いので(あと比較的近年に出た日本語の古代エジプト関連の書籍は見かけなかった気がします)英語が読めない私には内容を理解するのは不可能なのですが、大きな写真がいっぱい掲載されている本もたくさんあってですね!ツタンカーメンだけでも目から鱗が出るくらい素敵な本が色々とありましたので、一部ですがコピーを取らせていただきました。大きな図版最高かよ!!探せば、同じ遺物でも別アングルが出てくるので、さらに感動。住みたい…!!

ちなみに、コピーはサイズに関係なくモノクロ20円、カラー80円です。カラーの図版は色々とコピーをさせて頂きました。もう少し時間があれば、もっと色々と見る事ができたと思うのですが…。閉館間際(17時)までいて、最後の最後で分厚い「エジプトの秘宝」的な大きな本を見つけたのですが、そのシリーズの本、ツタンカーメンだけで2冊もあるのですよー!真っ先に見るべきでした…。中身の確認もできないままなのは辛い…それを見にまた行こうと思います!!!

個人的にとても気になった本は

トゥトアンクアモン (1966年)

トゥトアンクアモン (1966年)

  • 作者: Ch.デローシュ=ノーブルクール
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 1966
  • メディア: -


古い本なのですが、ざっくりと中を眺めてみて面白そうだなと思いました。どこからどこまでが本当に遺物から判明したことなのかは謎ですが、ツタンカーメンが幼少期はこんな生活をしていたのではないかとか、アマルナ神殿のモノクロ図版、アマルナ王家の系譜なども載ってます(ただし、資料的には古いと思いますがw)。それから、その時代に登場する主な人物の紹介なども一覧で出ていて、創作TUT9(仮)を書くにあたり参考になりそうでしたので余計に欲しいと…。この図書館は貸し出しは一切していないので、残念ながら時間内に読む事は困難でしたので、どうしても知りたいと思ったところをざっくり探してコピーさせて頂きました。ただ、アマゾンに古本が出ている事を今知ったので(笑)買ってしまおうかなとも。今、このブログを書きながら購入に揺れておりますw 積んでる本がいっぱいあるのに!!!でも、本がなくなる前に買いたい!!

あと気になった本といえば、上の本よりもさらに古そうな死者の書の本でしょうか。
SANY0137.jpg

旧仮名遣いとか、物凄い難しい漢字のオンパレードでしたが、とても趣があって素晴らしいと思いました。内表紙は文字以外の飾り系は朱色。それだけでもかっこいい。中身を確認していないので正確なところはわかりませんが、おそらく上下巻で古代エジプトの「死者の書」を章ごとにすべて網羅しているのではないかなと思います。ちなみにハードカバー。今度行くときは知りたい章をメモして、そこだけコピーを取らせて頂こうかなと思っています。もう本当に今すぐにでも飛んでいきたい!!!この本、非常に読みにくいしわかりにくいのだけど、そのまま再販してくれないかな…旧仮名遣いがかっこいいよ…いやもう、本当に。

ただ古い本が多い感じなので、王様の名前なども色々な読み方があってその辺は少し困惑しました。アメンヘテプがアメノフィスだったりするので…。ツタンカーメンもトゥタンカモンと書かれていたりしてビックリしました。その読みは初めて知ったわ…。昔からツタンカーメンと誤読していたわけではなかったのですね(正式名はトゥト・アンク・アメン)。今はツタンカーメン表記が徹底している感じですが、これを考えると表記統一がなされたのはいつからなのだろうかと少し気になりました。

洋書でまるで中身はわかりませんでしたが、アマルナレポートというタイトルの本もありまして。超読みたかった…ああ…。図版があればそこだけコピーさせて頂こうかな…あるのかな…。なんというか、英語が読めないことをこれほど呪ったことが未だかつてあっただろうかw 悔しい。ヒエログリフよりも英語を勉強すべきなんじゃないかね私は…。そんなことを思いつつ、次回また行くことをかたく決意しつつ退館いたしました。図書館だけも3時間くらいはいたのではないかな…今度行くときは開館時間に行って閉館時間に帰るよ(大迷惑)!ただ、ご飯が食べられそうなところが近くになさそうな気配ですので(調べてないので知らないだけで実はあるのかもしれませんが)図書館の扉をでたところにあるロビー?で飲食はしてもいいのかしら…と、ふと。この辺、もし電話予約していくことになりそうでしたら聞いてみようかなと思います。舌がもつれて言葉が出てこなかったら電話で聞くのは諦めますけど(苦笑)。

中近東文化センターの受付の方も図書館の方も皆さんとてもいい方ばかりで、帰り際に少しお話をさせて頂いたのですが、苦手な電話予約を克服してまた来てくださいねと言われましたw や、利用者が少なくて無くなってしまうことがないように、できる限り行きたいなぁとは思いました。図書館に次に行くときは、もう少し的を絞っていかないとダメですね。何を知りたいのか、必要な資料を探すために英語力も少しいるかな。Tutankhamun(ツタンカーメン)やBook of the Dead(死者の書)、Pyramid(ピラミッド)、Ramesses(ラメセス)、あとは綴りを忘れましたがアマルナは雰囲気でわかったので、ちょこちょこ中身を見る事ができましたけど他は壊滅でしたしね…。英語の辞書を持って行こうかしら…。

かなり古代エジプト充をした事もあり、色々やる気も出てきましたので仕事も趣味も頑張ります。でも近いうちに…図書館には暑くなる前に一度、電話予約の苦行を乗り越えていきたい感じではありますね。そうなると、創作ツタンカーメンの内容をもう少し詰めないといけません。図書館には日本語の本は少ないですが、それでもその辺の図書館よりも多いと思うので(多分)知りたいところをピンポイントで探さないと、見きれない…。特に遺物の図版は非常に必要になると思われるので、設定なども詰めていかないといけないなと。資料が存在するのであれば、ツタンカーメン王墓内の鮮明で大きな図版も欲しい所です。もっというと、アマルナ宮殿やその周辺などの風景の想像図みたいなのが欲しい感じ。ああ、1日じゃ足りない!!絶対足りない!!住みたい!!落ち着け。

というわけで?一人で勝手に盛り上がってしまいましたが、中近東文化センターと三笠宮記念図書館のレポートでした!

◆関連リンク
中近東文化センター → http://www.meccj.or.jp
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タイトルカット [創作]

昼型にしようと思って頑張って起きていたにも関わらず、昼型になった翌日に体調を崩し、結局超夜型に逆戻りしてしまいました美鈴です。…おはようございますw エイプリルフールの日に更新しても嘘にしか見えないかもしれませんが、仕事が忙しくなる前に創作の進捗なども含めて少しご報告をば。

AlchemistΨですが、文章の方はまぁ…少しづつ進めていると先日のブログでも書きましたが、今日は朝まで時間ができましたので2話用のタイトルカットとバナーを作成。キャラクターの顔のバランスの良し悪しを見ている時間がないので、何かおかしいと思いつつも無理矢理完成させました。真面目におかしいと痛感したら描き変えればいいですかね…すでに描き直したいカットもありますが直しているときりがないので、まずはお話を頑張りたいと思います。物語のページの一番最初に来るカットなので文章が出来上がらないと公開できないものなのですが、一足お先にこちらで公開しておきます。
2話タイトル.jpg

帝王の話はほんの少ししかないのですが(笑)いいタイトルが思いつかなかったのでコレで…。全物語のトップページで使用する2話用のバナーは先ほどサイトの方に上げてきました。とにかく3話まではなんとか年内中にあげたいです。今年の目標かな…。そろそろきちんとした一枚絵を描かねばと思いつつ…なかなか手が回っていない今日この頃…。

そうそう、先日、メールでお知らせが来まして、秋頃のコミティアの申し込みが始まったそうで。また参加したいのですが、次に出るときには創作のちょっとした本を作ってからと思っておりますので…今年のイベントへの参加は見送ることになりそうです。TUT9(仮)がおそらく一番最初に本にまとまる感じだと思いますので何とかしたいのですが、AlchemistΨがあるので年内は無理かな…。あちこち手を出すと一つも形にできずに一年が終わるので、今年からはやると決めたことを一つづつ、牛歩ではありますが頑張って仕上げていこうと考えております。とにかく、AlchemistΨの2・3話はザックリではありますが書ききっておりますので…時間はかかりそうですが、仕事の合間に文章の調整をしていこうと思っています。その前に、文章に関しては先日購入した本を読まないといけないのですよね。少しでも伝わりやすい文章になりますように。

あと、31日は誕生日でした(過去形w)。私、本当は4月1日に生まれる予定だったらしいのですが、31日に生まれてしまったようで…いっそ後ろに予定がずれ込んで4月2日に生まれていたら平沢進さんと同じ誕生日だったのになぁと思ったりしている今日この頃。誕生日が同じだからといって師匠になれるわけではないのですが、同じ日に祝えるのってファンとしては幸せじゃないですか!?ちなみに、3月31日は亡き父上の誕生日でもありました。亡くなってからもうだいぶ経ってしまったなぁ…そんな事を誕生日毎に、命日毎にふと思ったりしています。

web拍手も有難うございます!サイトの更新は亀の歩みですが、頑張って参りますので今後ものんびり宜しくお願い致します。では、また!
タグ:創作
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文章を書く [書籍]

3月はそれでも比較的穏やかなスケジュールなので(4・5月に比べればなので…それでもいつもよりは多忙)仕事の合間を縫ってゲームをしたりしています。モンハンXXが出てしまったので…何だかんだ言いつつ休憩中にプレイしております。創作の方は、まとまった作業ができないので、とりあえず思いついたものをメモしていくような感じで進めています。アイディアが色々と出てきているので、創作ごとにメモ。AlchemistΨは一応当初2話と考えていた話(現在では2・3話に分ける予定)は最後までザックリ書き終えていますので、おかしな所を修正したり文章を整えたりの作業を少しづつ。この作業が多分一番時間を要する感じになると思いますが、いいものに出来上がるといいなと考えています。

自分の文章は結構くどい感じと認識はしているので、わかりにくい文章を少しでも読みやすくするにはどうしたらいいのか。課題だと思ってはいるのですが、なかなか難しいですよね。とりあえず、以前は物語作りの本などを読んではみたものの、結局の所、自分が書きたい話を書こうと思うと本通りには進められなくて「たくさん書いていって自分の書きやすい方法を見つけるしかないのかな」と思った次第。ただ、本を読んだおかげで取っ掛かりというか何というか、手順のようなものはわかったので無駄には全然ならなかったのですけどね!そこから自分で話の書きやすさなどを考えていくのが今後の課題なのかと思いました。

さて、文章の話に戻りますが。基本的に物語作りよりは法則性はしっかりあると考えています。どうしたら読みやすいのか、伝わりやすいのか、あるいはこの言葉はどこにかかるのかとかに気をつけるだけでも印象は変わりそう。文章に関しても物語作りに関してもド素人なので、少しでも何とかしたいと考えているわけです。で、ツイッターでフォローしている毎日新聞の校閲さんが近頃本を出版したようですので購入してみました。

毎日新聞・校閲グループのミスがなくなるすごい文章術

毎日新聞・校閲グループのミスがなくなるすごい文章術

  • 作者: 毎日新聞・校閲グループ 岩佐義樹
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 単行本


休憩時間がゲームで潰れているのでまだほとんど読めていませんが、少し読んでみて「一文は短い方がわかりやすい」という事を知りました。1文が長いとどこにどの言葉がかかっているのかわかりにくい時もあるので、そういった場合は文章を2つに分けたりするのも手のようです。記憶違いなのか何なのかわからないのですが、私、1文が短いと良くないという話を聞いた事がありまして。それでなるべく長くしようと思って今まで頑張って文章を書いていたのですが(笑)どうやら誤解のようでした。あまり短すぎても読みにくい印象が(私には)あるので適度な長さは必要なのでしょうが、私の1文はおそらく長くてわかりにくいのではと思いましたので、若干短くしてみようかなと考え始めております。この本を読み終える頃には、少しでもわかりやすい文章が書けるようになってるといいですね!日々精進。

ハッと気がつくと3月もあと残りわずか…。創作もボチボチ進めつつ、怒涛の4・5月を乗り越えたいと思います。…3月でこの忙しさなので…さらに忙しいのかと思うとドキドキしてしまうのですが、生活せねばならないのでキチッとこなしていきたい所存。そうそう、創作ZEBRAの話も復活させようかなと実は最近思い始めました。先日お風呂に入っていた時に少しアイディアが降りてきたので、余力があればそちらも進めようかなと。ただ、当面はAlchemistΨの2・3話を何とかしたい気持ちが一杯なのでそちら優先ではありますが、現段階で4つ創作がありますので、思いついたもののメモを少しづつ取りつつ頑張りたいと考えています。一番最初に公開したので閲覧数が多いのは当然なのかもしれませんが、このブログのZEBRAの創作語りの記事の閲覧数が若干他の創作語りよりも多いので頑張っちゃおうかなと少しw

サイトの方の拍手も有難うございます。同じ方が拍手を入れてくださっているのか、別の方なのかはわかりませんがいつもパチパチ感謝です!何かしら反応があれば色々と進めていく力にもなりますので、今後も気が向きましたらよろしくお願いいたします。引き続きのんびりとお付き合いいただければ幸いです。古代エジプトのグッズも作らないといけないのですが、基本的にそちらは創作で勉強して得た知識の副産物ですので、同時に色々と作るのは難しいのです…。年内には何か一つくらいは出したいですねぇ…そんなことを思う今日この頃。では、また!
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界を広げる [創作]

仕事を…しておりますw とりあえず、仕事に影響が出ない範囲内で就寝前に創作を書こうと頑張っているのですが、寝る前に文章を書いたり物語のことをあれこれ考えると眠れなくなるという罠に陥りはじめまして、最近見直しを検討しないといけないかなと少し感じ始めております。でも、就寝前の作業のおかげで創作作業は少しづつですが進んではいます。結構頑張っていると思います、自分で言うのもなんですが。

若干後半にもたつきがあるかなぁと感じてはいるのですが、何とかもう少しで創作「AlchemistΨ」の2話はざっくり書き終わりそうな予感です。もたつきいかんによっては書き直さないといけない部分もあるかもしれませんが、あまりもたつきをなくすと(はしょりすぎると)本当に都合のいい話になってしまうので匙加減が難しいです。ただ、ご都合主義であったとしても趣味で書いているものですので、見せたい場面・書きたい場面が表現できればいいのかなとは思っていますので、それはそれで余分なところがなくても…とは考えていたりもします。それでなくてもザックリ書いただけで物凄い分量になってきていますので、はしょりすぎるくらいでちょうど良いのではとも思ったり。とりあえず、当初の目標である「2話をザックリでもいいので3月末までに最後まで書くこと」というのはクリアできそうな予感です。ちょっと一安心。

それにしても、自分で考えたキャラクタが話をしていたり動いたりするのはやっぱり楽しいですね。実の所、2話の現段階では主人公のサイは言葉を発してないんですが(笑。おそらく2話の最後の最後でようやく動きだす感じ)博士や他の登場人物は動き始めていますので、他人事のように言いますが見ていてとても面白いです。話が面白いとかではなく勝手に動き始めるのが楽しいというか。しかもあらぬ方向に動くので困る時もしばしば。

「や、それは収拾つかなくなるからダメだよw」
「そこは設定上そうなるのは無理なので」

本当にそんな事になるとは思ってなかったので少し戸惑っていたりもしますが、それでもなるべくキャラが動きたそうな方向にいけるように知恵を絞って頑張っております。ただ、一番困るのがちょい役で考えていたキャラが重要性を帯びてくること。「最初は名前すらなかったのにw」そういうキャラが、ある時突然何かが降りてきて大変なポジションに昇格していくのでした。現在そういうキャラが約2名。1話に登場した医師にも名前が与えられましたので、2話公開前に若干1話も加筆修正が入ると思われます。医師は昇格というよりは…どうなんだろうな…降格なのかな…謎。もう一人の名前が与えられたキャラは2話に登場します。あまり書いてしまうとネタバレになってしまうので、そこから先は物語の中でお伝えできたらいいなと思います。

というわけで、現在の進捗?は下画像の通りです。
AlchemistΨ.jpg

「セシェン城の主」も(仮)と書いてありませんが仮タイトルです。ザックリ書いてまだ最後までいっていないにも関わらず3万文字を超えましたので、2話と3話に分けることにしました。おそらく3話のタイトルが「セシェン城の主」というタイトルになるかと思われます(あくまでも予定)。2話のタイトルはどうしよう…というところで積みそうな気もしますが、どこで話を区切るのかによってタイトルの変動もありそうなのでもう少し保留にしておこうかと思っています。現段階では「ガルバレイドの帝王」とか何かそんな感じですかねぇ…。ただ、その帝王の話はあんまりないので(笑)2話のタイトルとしてはどうかという気もしないでもないのですが。

さて、「セシェン城の主」のタイトル下に「アルシュの考古学(仮)」というタイトルが新規で追加されました。これは、タイトルは変わると思いますが4話ではないお話です。最終話に組み込むか、最終話の更に後日談的なお話になるかもしれない物語。最終回もまだ物凄いザックリとしたあらすじしかないのに(10行程度w)、更にそのあとの話とはどういう事なのでしょうかw 自分でもビックリです。最終回も重要ですが、個人的にはこの後日談が一番書きたかった事なのかもしれないです。ここにきちんと着地ができるように、話をまとめていこうと思っています。ただ、ここでお断りしておくのもなんですが、AlchemistΨに関してはハッピーエンドなのかどうかはかなり微妙な感じです。AlchemistΨはどんだけ書けば終わるのか…今からかなりドキドキしています。何というか、1〜3話まで、番外編だけで文庫本サイズの本なら1冊作れる感じの文字数なので…先を考えると、もっと短くすべきなのかと考えてしまう程です…。

そんなこんなで、ゴールデンウィークくらいにはとりあえず2話を公開できたらいいなと考えています…が!実は4月は今よりも更に忙しくなりそうな気配で、就寝前に創作をやる元気があるかどうか微妙な感じです。5月の予定がまだ出ていないのですが、ゴールデンウィークに休みが取れれば、その時に2話が未公開である場合、なんとか遅れを取り戻すような感じで創作がすすめられればと考えています。可能であれば3話までは年内に公開したい所存です。もっと可能であれば4話も着手したいですね…。ただし豆本やトンネルブックなどの新しい物も作りたいので、どこで時間の折り合いをつけるかが課題となりそうです。趣味で食べていけるのなら趣味に全力投球できるのですが、趣味を仕事にすると本当に大変なのは身にしみて分かっているので…仕事を他にしつつ、趣味で息抜き…みたいなスタンスでいきたいなと思っています。サイトもなかなか更新できずに恐縮ですが、引き続きのんびりお付き合いいただけたら幸いです。web拍手もパチパチ本当に有難うございます!

それではまた!
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三月。 [創作]

早いもので「アッ」という間に3月になってしまいました。うかうかしているとすぐに1年経ってしまいそうです…。確定申告も書類待ちになっているのですが…税務署が混む前に早く行ってしまいたい…涙。

さて、仕事は忙しいのですが、それでもそればかりやっていると集中力も落ちてしまいますので、寝る前に少し創作をやる時間を作りました。AlchemistΨの2話をちょっとづつ進めております。ようやく、今回の目的地でありますセシェンの城にキャラが移動しましたので、これからが知恵の絞りどころだぞという感じなのですが…あれですね、頭の悪い人間が色々と大どんでん返し的なものを考えてはいけないなと痛感するくらいには行き詰ってますw とにかく最後まで、文章がおかしな所はとりあえず現段階では放置して進めているのですが…これはなかなか大変そうです。

何が大変かというと、最初から一回読み直す作業がですね…時間がかかりすぎて…。書いている事に食い違いが出ないように見直しているのですが、ようやく終盤にきたかなという現時点で文字数が24000文字を越えております。この文字数、個人的にはそんなに多く感じていなかったのですよ。何故かというと、全部デジタルで打ち込んでいるのですが最後の文章までのスクロールがあっという間に終了しますので…。最初は読み返すのに何故そんなに時間がかかるのかわからない感じでした。読むのが遅いのかと純粋に思ったのですが(実際、読むのは遅いのですけど!w)文庫本の1Pが約500文字として、20000文字で40P分…それは時間かかるわ!!!とセルフツッコミ。現に寝る前に一回通して読んで、そこから少し文章を書いているといつの間にか朝になってたりするのですよw 自分でも吃驚しましたw

しかし、これぐらいの文量のものを実は過去書いていた事がありましたので、それには更に自分でも驚きました。こんなに沢山の文字量の物語などまとめられないと最近思い始めていたのですが、書けない事はない…という事…ですね…。ちなみに…全部確認したわけではないのできちんとしたデータはとっておりませんが、サイトで公開している物語では創作「AlchemistΨ」のサイドストーリー「Fromジパング」が29000文字で一番長そうな感じです。Ψの1話がどれくらいなのか謎ですが、おそらく現段階では2話はジパングの次くらいの文量だと思います。ただし2話はこれからおそらくもっと増えます…。デジタルで読むのは大変なのではと考えているので、半分に分けて前半を2話、後半を3話という風に分けようかなとも少し考えております。でも、どちらにしても今のお話を全部書ききってからでないと怖いので、とにかく最後まで書いてからどうしようか考えようと思っています。まぁ、最後までと言っても2話の最後であって物語の最後では決してないのですが…w

さて、そんな感じですので…AlchemistΨの2話はまだ最後まで書けておりません。とりあえず3月末をメドに最後までザックリした文章で書き終えて、そこから文章の調整、タイトルカットや新規に登場するキャラクタの人物紹介のページの画像を描いて…となると、本当にいつ公開できるんだろうという感じですが…頑張ります。あとでかなり調整が入るかもしれませんが、現段階での2話の一部です。
未調整.jpg

ネタバレを避けたい方は本編公開までしばらくしばらくお待ちください…!や、本当にしばらくかかると思いますので…(苦笑)。

物語を作るという事は本当に難しいものですね。こういう展開にしたい!と思っても、じゃあそれをどう解決するのかのアイディアが出なければ他を考えるしかないですし。今書いている2話終盤で「こういう伏線を張ったら面白いのでは?」と「ふと」思いついたりするのですが、解決方法が見出せず別案を出さざるを得ない感じのものが沢山あります…。知識量が圧倒的に足りないというのもあるのでしょうが、こういうのっておそらく知識とその知識をうまく活用するための閃きも必要なのではと最近つくづく思います…。

というわけで、色々水面下で頑張っております。そろそろ創作「葬儀屋セジェル」も非公開にせねばいけない時期になったのですが、まだ出来ていませんでした(今思い出し…w)。

あ、そういえば!別に大した事ではないのでサイトの更新履歴には書いておりませんが、AlchemistΨのページの上にあったナビゲーションバーをボタン式にしました。マウスオーバーで文字色が変わるというのをちょっと試してみたかったので、タグなどを調べて挑戦してみました。ボタンの画像はやっつけで作った物ですので若干アレな所はありますが(苦笑)一応色が変わると思いますので、気が向いたら覗いてやって下さい。本当にささやかなので…こう…お恥ずかしいのですが…。

しかし、2話が出来上がるまで何も更新できないのは大問題な気がしますので…何か他のちょっとした物が更新できるといいのですれど…。拍手絵に何か加えようかとか考えはするのですが、いかんせん、今珍しく仕事の方が忙しいのでなかなか手が回りません。まぁ今までのサイトの更新頻度を考えればどうという事はないのですが、そんなわけで、仕事が少し落ち着くまでサイトを放置してしまうかもしれません。水面下ではやっておりますので!!しばらく色々としばらくお待ちください!!!web拍手も有難うございます!本当にいつも恐縮です!!

追伸
もう一つ今思い出したのですが、3月3日は創作「ZEBRA」のエクスの誕生日でした…。あー何か祝ってあげないとなといつも思うのですがいつも何も出来ない・忘れる年度末…。他に誕生日が確定しているのは、そのうち非公開になってしまいますが「葬儀屋セジェル」のガフィールの7月7日。時間ができたらAlchemistΨのキャラの誕生日も決めたいですねぇ…。やりたい事はいつも山積みです。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

創作語り4「TUT9(仮)」 [創作]

創作語りというよりも私の備忘録と化している気がしますが…今回で4回目、ラストとなります。まだこの記事ではタイトルは仮としておりますが(しかも略称)、正式名称はほぼ確定しています。公開は時期を見てそのうち。

さて、ツタンカーメンを動かしたいという事はだいぶ前から思ってはいましたが、語ると言っても一番新しく考え始めた創作ですし、如何せん全ての登場人物が文字でも設定が決まっていない状態です(文字で決まってないのはあと数人だけなのですけどね…)。出来上がっているといえば、大まかな創作年表とザックリとしたあらすじ、ある程度の登場人物…そんな所でしょうか。さて、何かの拍子にこの記事にたどり着いてしまった方のために簡単にご説明しますが、TUT9とは、ツタンカーメン王を動かすための創作です。ツタンカーメンという名前はご存知の方も多いと思いますが、王となってからの治世も短く19歳くらいで亡くなっていますので、少しでも史実通りに動かそうと思うと創作でも結構難しい人物です。個人的に大好きなので、いつかは動かしたいと思っていました。それを実行すべく、色々と本を読んだりして勉強した次第です。

とはいえ、正直、ツタンカーメン王の事でわかっている事というのは非常に少なく感じました。では、どうやって動かそうか。まず最初の難関はそこでした。普通に動かしても恐らく面白い話にはならない。史実でわかっている事をつなぎ合わせても材料が乏しいですし、ファンタジーに登場させるにしてもかなり難しい人物だというのが私をずっと悩ませてきた原因でもあります。や、物凄くファンタジーにしてしまえば面白い話にはなるのかもしれませんが、ギャグにしたくはないし…王が好きな人間ならではの要素も詰め込みたい。ファンタジーでも若干史実よりにしたいわけです。ただ、近年出てきたお話ですと、王は足が悪くて杖がないと歩けなかったとか、暗殺ではなくマラリアにかかって死亡したとかロマンがあれこれ吹き飛ぶような事になってしまっているので、容姿以外はなるべく現実的なことを取り入れたかった私には非常に残念な状況になりました。

ただ、あれこれと考えていた時にふと天から何かが降りてきました。これだったら若干足が悪かろうが何しようが物語として成り立つのではないか。ちょっと無理矢理感はありますが、ツタンカーメンの父であるアクエンアテン王が一神教を唱えた時期でないと作れない話にもなりそうでしたので、まとめてみようという事に。そこで大方こういうシーンが描きたい、こういう設定を入れたいという事を色々とメモしていき、アクエンアテン王からツタンカーメンの2代後のホルエムヘブ王までの創作年表をざっくり作り、架空ではありますが人物相関図や年齢設定なども構築するまでに。ある意味、今までの創作の中では色々な事が一番まとまっているのではないかと思われます。(しかし、だからと言ってすぐに物語が書けるわけではないのですけどね!)

さて、そこまで来たら絵描きとしては登場人物のビジュアルを作りたいわけです。文章でどんな人物であるのかぶれないようにという意味も含めて、人物と背景に関しては可能な限り絵を描きます。とりあえず第一案、一部ですがスケッチに起こしました(顔のみ)。まだ初稿ですのでこれから改良をしていくわけですが、現段階でスケッチが出来ている人物をご紹介したいと思います。一部とはいえ(でも半分以上はスケッチしたのかな?)結構人数がおりますので…長くなると思いますがご了承ください。

まずは本作の主人公であるツタンカーメンです。これは以前、勢いで自分のために作ったレターセットの人物デザインが元になっています。
b_tutankamn.jpg

服飾などはデザインが一通りできてから考えようと思っていますので、頭の飾りなどは描いていません。個人的には王の事が好きなので、賢い感じにはしたいなと思っています。多分、髪型や人物像などはこれで決まりかなと…。もともとレターセットの彼を動かしたいと思っていたので、イメージはこれで固定してしまっているのかと思います。画像の感じだと15・6才くらいの時でしょうか。彼の場合は人物像は悩まなくて済んでいるのですが、表記については未だにどうしようか苦悩中です。なぜかというと、正式にはツタンカーメンではなくトゥト・アンク・アメン(アメン神の生き写しの意味)だからです。史実に近づけるなら後者の呼び方なのですが、日本で通りがいいのは圧倒的に前者ですよね…。タイトルにも実は名前が入るので、できればツタンカーメン表記にしたいのですが…物語の中で彼の事を呼ぶ時は「王」だったり「ファラオ」だったり略称で呼ぶなら「トゥト様」だと思うのですよ。一番最後がネックでして…この呼び方をさせるならトゥトアンクアメンでないと無理がある…どうしたら…と頭を抱えているのでした。略称といえば、次にご紹介するアンケセナーメンも難しい…。何故かそういう想定外な所で壁に当たっている今日この頃です…。

さて、先ほどちょこっと名前が出てきましたアンケセナーメン(アンクエスエンアメン)、本作ではヒロインであり、ツタンカーメン王の妻であり王妃でもあります。
b_anksnamn.jpg

略称呼びで悩んでもいるのですが(アンクエスが妥当なのかな…)、容姿の面でも少し特徴がない感じに出来上がっているので何とかしたいところです。私が考える主人公格の人物は結構平凡な感じに出来上がるので困ります…。脇役に食われる系が多いというか…。ただ、ツタンカーメンを影で支える人物ですので、あまり化粧は濃くなくて堅実なイメージ…という事でこんな感じに出来上がりました。王もアンケセナーメンも幼くして国のトップに据えられたので(あ、でもアンケセナーメンはそこそこの年齢だったのかな)なりふり構っていられなかったというイメージを盛り込みたい。そうなるとどうしても素朴な感じのビジュアルになってしまいます…。でも、これはこれでいいのかな…。

そして次にご紹介するのは現時点でツタンカーメンの父親とされているアクエンアテン(アメンヘテプ4世)です。ツタンカーメンの前の前の前の王ですね。
b_aknatn.jpg

あまりにも普通の人物像になってしまいましたので、もっとこう…一神教を唱えた王として独特なオーラをもたせたい…詩も読んでいたようですので、ちょっと自己陶酔型の人物像にしたい…。この人はあとで大幅に変更しようと思っていますので、このスケッチ像は今回で見納めになると思います。あと一神教の時でも蛇の頭飾りは大丈夫だったのかという事も調べておきたいです。画像検索で見る限り、ウアジェト(ウラエウス?)はネフェルトイティ(アクエンアテン王の妻)の被りものにも付いているので、これだけは生き残っていたのかしら…。とりあえず、人物像はもう少しだけ彫像に寄せようかなと思案中。目の辺りとか…口元を彫像に寄せるとどうなるのだろうかw

お次はアクエンアテン王の妻であり王妃でもあったネフェルト・イティ。この方はベルリン博物館の胸像が有名ですよね。ネフェルティティの方が通りがいい感じでしょうか。一応、胸像をモチーフに自分なりの絵で起こしてみたスケッチが下の画像になります。
b_nfrtity.jpg

被り物の蛇の飾りは、壁画などで見ると額の近辺で接合されているのではないようなのでその辺は修正をかける予定です。もしかすると蛇は1匹ではない可能性も…w もう少し胸像に似せて威厳に満ちた表情にしたいのですが、そこは私の技量が追いつかなそうなので可能な限り…という感じでしょうか。そもそも美しく色気のある女性というのはほとんど描いたことがありませんので難しい以前にどうしたらいいのかわかりません。この後にご紹介いたしますが、髪型を同じにしてしまうとネフェルト・イティもメリトアテンもキヤも見分けがつきません…。できれば同じ髪型でも見分けがつくようなキャラデザインにしたいのですが…苦戦中…。ちなみに、ツタンカーメンはネフェルト・イティの子供ではありません。

では、ツタンカーメンは誰の子供なのか。父親は最近のDNA鑑定ではアクエンアテンとされていますが、その辺の記事を少し読んでみたものの、アクエンアテンと思われているミイラが本当に彼なのかが断定できないと親子関係の特定は難しいのではと素人ながらに思っています。母親はミイラの特定はできているようですが、そのミイラが誰なのかは特定ができていないようで。ただ、少しばかり本を読んでみましたが、ネフェルトイティは娘以外は産んでいないようですのでツタンカーメンの母親ではないことは確か?なようです。しかも全ての王女がツタンカーメンよりも年上らしい。アンケセナーメンは三女だそう。年齢差は結構ありそうです。

というわけで、TUT9では母親は誰にするか…という事になりまして、かなり悩みました。少し詳しい方ですと、ネフェルト・イティ以外にキヤという女性の存在もご存知かと思います。そこで、史実とは若干違いますがTUT9ではツタンカーメンの母親はキヤという事にしました。ツタンカーメンにちょっと雰囲気を寄せようと努力したスケッチがこちら↓です。
b_kiya.jpg

ミタンニ王国のタドケパという説もあるようですので(ネフェルトイティにも同様の説有)少し異国の雰囲気をかもしだせないかという事で他の女性は直毛にして、キヤのみチリチリ頭?にしました。髪は真っ黒。TUT9はなるべくリアルに寄せたいので髪は黒か茶色にしたいと思っています。その中でも一番黒いイメージなのがキヤという感じです。何故この創作ではツタンカーメンの母親にキヤを選んだかというと、一時期ですが王妃であるネフェルトイティよりも絶大な権力を持った事があるようで。この権力の拡大は王子を産んだからではないか…とちょっと素人の私は最初に思ったわけです。第一印象がそれというか。実際どういった理由で権力を得たのかはわかりませんが、物語として書いた時に「権力の拡大=王子出産」というのはわかりやすいのではと考え、キヤをツタンカーメンの母親とした次第です。あと、リアルの母親設定にするとアメンヘテプ3世(アクエンアテンの父親)の話もしないといけなさそうな雰囲気ですので…とりあえずなるべく避けられる話は避けて単純化したい事から母親に関しましてはリアル設定は除外しました。

髪型を変えると見分けがつかない3人目はメリトアテンになります。アクエンアテンとネフェルトイティの長女だそう。
b_mrtatn.jpg

この人物はネフェルトイティやキヤを差し置いてファーストレディになった事もあるようですので、気の強い感じにしたいと考えました。メリトアテンに関しては好きな彫像があるので、髪型などはその辺をモチーフにしています。アンケセナーメンとは姉妹ですが正反対な雰囲気にしたかった人物。かたや色気で王(アクエンアテンとスメンクカーラー)を落とし、かたや堅実に王(ツタンカーメン)を支える。化粧品をつけているかどうかでも差をつけています。…というか、そういうのでしか差を出せなかった…。今の所、スケッチの雰囲気で決定稿まで進めようかなと思っています。

というところで、史実の人物モチーフの女性キャラはこれで全部になります。創作キャラでまだ一人女性がいるのですが、それは後ほど。次に紹介いたしますのは、TUT9では黒幕であるアイです。
b_ai.jpg

ツタンカーメン暗殺説が元気だった頃は、このアイ黒幕説の人気が高かった気もしますがどうなのでしょう?そうでもないのかなw アンケセナーメンやホルエムヘブ(次にご紹介します)の説もありましたが、本作ではアイにしました。もし「ツタンカーメン病死説」が出てこなかったら私はおそらくアイが首謀者では?と考えていたので本作の設定もそのように。物語としての分かりやすさを考えた時に一番身近で自然かなと思ったというのもあります。ホルエムヘブでも良かったのですが、ツタンカーメンの次の次に王位継承をした人なので、そうなるとちょっと物語が長引いてしまう事もあり、ツタンカーメンの次に王位を継いだアイに白羽の矢を立てました。ビジュアルを作る時にキーワードとして出したのは、いつも王座を狙って辺りをギョロギョロと見る大きな目と声(チャンス&悪口)を聞き逃さない大きな耳でした。耳はもう少し大きくてもいいかも。老若はシワの増減でかき分けていく予定です。

お次はホルエムヘブ。軍人。ツタンカーメン王の時代にはかなりの権力を持っていたようです。
b_hrmhb.jpg

ちょっとお堅い感じにしたかったのと、ツタンカーメン時代にはガッシリとした働き盛り権力盛りの筋肉ムキムキな人物にしたかったのでこんなスケッチになりました。変更するかどうかは現在思案中です。こうしてみると一部の人物以外は結構頭の中にある程度イメージが出来上がっていたようです。この創作も天から何かが降りてくるまでの期間が結構長かったですからね…。調べ物で本を読んでいる間にイメージが自然と固まっていったのかもしれません。ただアイとホルエムヘブはツタンカーメンが隣にいた時に少しリアルすぎるかなとも感じているので、どちらにどう寄せていくかはこれからの課題でしょうか。基本ツタンカーメンのビジュアルによせる方向で考えてはいるのですが、どうしようかな。

上記人物紹介で名前が出てくる中で、スメンクカーラーとアメンヘテプ3世のスケッチと説明がありませんが、現段階では用意がないのでご容赦ください。スメンクカーラーはアクエンアテンの弟という設定で出てきますのでスケッチも設定も必要ではあるのですが、不明点が多すぎてそこまでだどり付けておりません。

さて、史実以外の創作キャラについてはここからご紹介していきます。現段階でスケッチまで出来ているのが3人。文字のみが数名でうち1人は完全に保留状態です。ですので、ご紹介できるのは3人だけ。一人目は王の護衛役で名前はまだありません…。一応古代エジプト語で名前をつけていきますので、一通りキャラメイクが済んでから中エジプト語辞典を最初から読んで調べます。逆引きがないので最初から読むしかないのでした…分厚いので大変…。

護衛役の彼のスケッチはこんな感じです。
b_tut1.jpg

一応キーワードに沿って雰囲気は描ききれていると思っているのですが、髪型が思いつかなくて…。この手のキャラってこういう髪型が鉄板なのかな…他が思いつかなくて詰んでいます。紹介済みの女性キャラがみんな前髪パッツンなので…その辺ももう少し変更は加えたい感じですね。さて護衛の彼、普段はあまり姿を見せませんが遠征や戦闘シーンでツタンカーメンのチャリオットの隣で操縦する役として登場する予定です。エジプトのチャリオットは二人乗りですので、ツタンカーメンの隣にいつも彼がいるような状態にしたいです。健康美と戦闘能力の高さは間近で見ているツタンカーメンの憧れの人物となるような感じでデザインしています。軍人のホルエムヘブも一目置いているキャラです。髪型さえ何とかすればこのイメージなんですが…どうしたものか。

戦闘での補佐役は彼だけではなく、戦略に長けた人物を要するのかなということで参謀を一人。まぁでも、戦闘シーンを描くかどうかは微妙ですがw 彼の名前は一応「セネト」となっています。
b_tut2.jpg

セネトというのは古代エジプトのゲームの名前です。現代のバックギャモンというゲームの元になったとも言われています。この子供は恐ろしく頭がいいので、セネトゲームも負けたことがありません。そういう所から名前を持ってきました(しかしセネトゲームは運要素が強いイメージなので戦略とか必要なのだろうかどうなのだろうかとは若干思っていますが…w)。普段はツタンカーメンの良き遊び相手という立ち位置です。有事には参謀もやりますよ、みたいな感じでしょうか。生意気ですが憎めないタイプ。アイとは相性が悪そうな予感。

ツタンカーメンの取り巻きが男ばかりではなんですので、女性キャラも考えました。ただ、ツタンカーメン王にはアンケセナーメンがいますので、女性キャラは作るのに気を使います。色気は出さない方向で…優しい感じのキャラ…ということで考えたのが下の画像のキャラでした。
b_tut3.jpg

ツタンカーメンの母親であるキヤが彼を産んですぐに亡くなっていそうな感じですので(史実では権力絶頂期に亡くなったのか、その直後に亡くなったのか…ある時を境に存在がなかった事に…)、乳母のような雰囲気が出るようにと思って作っていったキャラです。夜を優しく照らすランプの灯りのような感じでしょうか。ポワッとした、そんなイメージ。

あとの創作キャラの設定はテキストのみですので…今回の語りでは割愛。基本的にTUT9の物語ではツタンカーメンとアンケセナーメン、後半でご紹介した創作キャラがメインとなって動きます。アクエンアテンやネフェルトイティ等の史実のキャラは、脇役の脇役となる感じですね。ただ一神教は物語上では少し重要なのでアクエンアテンは序盤に結構登場しそうな予感はします。一神教についての説明をきちんとしないといけませんので…。あとは、ツタンカーメン王墓発見時の話がちょろっと出てくる予定もありますので(予定ですが…)発見者のハワードカーターやカーナヴォン卿なども必要があれば設定を作るかもしれません。この辺は物語を書く作業に入ってみないとわかりませんが、とにかく短編の割には登場人物が多いので…文章できちんと書けるかどうかが最大の課題となりそうです。

最後に、ツタンカーメンの時代にはかすりもしないラメセス2世のスケッチをあげて〆たいと思います。
b_rmss2.jpg

ツタンカーメンやアクエンアテン、アイ、ホルエムヘブは第18王朝の王で、ラメセス2世は第19王朝の王です。当たり前ですがTUT9には出てきません。何で描いたのかというと好きだからです。アクエンアテンやツタンカーメンを王命表に載せなかったのがラメセス2世というのをどこかで見かけて(本当かどうかまではまだ調べてませんが)かなりガッカリしましたが、私がツタンカーメンの次に好きなファラオなので少し前に描いたものを少しばかりクリンナップしてみました。私のラムセス2世像はクリスチャン・ジャック氏の「太陽の王 ラムセス」で構築されたものです。

太陽の王ラムセス〈1〉

太陽の王ラムセス〈1〉

  • 作者: クリスチャン ジャック
  • 出版社/メーカー: 青山出版社
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: 単行本


髪は赤黒いイメージ。この記事でも書いていますが、以前自分用に勢いでツタンカーメンのレターセットを作った事がありまして、次に作るならラムセス2世かなぁと思っていました。ただ、ツタンカーメンと違ってラメセス2世の代表的な遺物といえば建築物なイメージですので…小物のモチーフが圧倒的に足りない事から実現はできておりません。ラムセス2世といえば強弓というイメージもありますので、便箋のデザインは上のスケッチの顔メインの絵柄と、弓を構えている感じのものがいいのかなぁ…とはうっすら考えています。あるいは馬と一緒の絵柄とか。ただ便箋セットですので…封緘用のシールや宛名シールなどもデザインしないといけない事から、グッズ化は見送っている感じですかね…。

というわけで、創作語りでした!本筋に触れてしまうと酷いネタバレになるので重要なところは一切書いておりませんが、お楽しみいただけていれば幸いです。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WEB拍手/お返事【2017/2〜】 [Web拍手お返事]

web拍手のお返事記事では大変おひさしぶりになります、美鈴です。拍手自体はかなり頻繁に頂いておりますが、コメント付きは何年ぶりでしょうか…!お返事不要のものでも、頂きましたコメントに関しましては極力お返事をさせて頂きたいと思っていますので、何か「こういうのが見たいな」等そういったご要望などございましたらお寄せいただけますと幸いです。全部にお答えすることは難しいですが、心に刻んでおきたいと思っています。

2月5日3時にコメントを下さった方。
有難うございます!拍手は便利なのですが、どこに向けて拍手されているのかはエスパーでない私にはわかりませんので、こうしてご要望を言葉で発してくださったことに感謝致します!AlchemistΨに関しましてはブログの創作語り記事にも記載しましたが、本にするのは完結してから…と思っています。と申しますのも、以前版権もので散々続きものを描いていて続きが出なかった経緯もありまして、それは猛省すべきことと心得、創作ではやらないようにしたいなと思っているからです。コメントを頂いた時にAlchemistΨの外伝で完結しているものは試しに本にしてみようかなとも考えたのですが、それよりもまず前に進めないとということで今回は見送った次第です。ご要望が多ければ何かしら形にとは思っておりますので、そのまましばらくサイトの方をご覧いただければ幸いです。なかなか物語の続きの公開ができず恐縮です>< のんびりお付き合いくださいませ。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

創作語り3「葬儀屋セジェル」 [創作]

さて第三回は「葬儀屋セジェル」です。私が今まで書いた創作の中で一番準備期間が短かったもので…現在設定をし直している真っ最中という…誠にお恥ずかしい状態になっております。ただ、2月一杯でサイトに上がっている物語や設定等は一度非公開にする予定ですが、現在実は2話までほぼ出来上がっているような状態で、そのうち1話はすでに公開中となっています。何でそこまで書いておきながら設定を変えて再出発しようとしたのかというと、書いていてどうも気分が全く乗らないというか、キャラが動かないというか。もちろんそれよりも何よりも「設定が破綻している」というのが本当のところで、そんな状態で進めてもきちんと完結しないだろうと思ったからでした。

もともと、主人公であるガフィールはpixivの企画に参加させるためにわざわざ新規で作り上げたキャラで、企画参加当時は漫画などもかなり頑張って描いていました。企画上では結構動いていたのです。ただ、色々とありまして…もう少しで企画が終了という最後の企画内イベントであまりにも悲しくなり…初めて企画を撤退しpixiv上からデータを全て消してしまいました。それ以降は、それがトラウマになり新規の企画には参加しない方向に…。でも、ガフィールに関しましては折角企画で命を吹き込んだキャラですので、どうしても放っておけなくて…勢いだけで物語を作り、現在絶賛破綻真っ最中の葬儀屋セジェルに登場させる事と相成ったのでございます。

相当な見切り発車でしたので…まぁ、作り直しはその時点で覚悟はしていましたが、今その覚悟した作業をやっているという感じです。…とりあえず、これ以上は新規の創作の数は増やさないようにしつつ、今あるものは大切に作り上げていこうかなと考えております。書きたいことは沢山ありますので。

さて、「今回スケッチを描いていた時点」では、キャラのビジュアルとある程度の設定は現行のままでバックグラウンドをもう少し作りこむような感じで作業を進めていました。物語の最後をどうするのかはもちろんですが、葬儀屋はどの辺までの仕事をしてどこから別の職業の人間が関わってくるのか、現在名前が挙がっている3つの国の関わり合いはどうなのか…かなり薄っぺたい設定で話を作っていたので、色々チグハグなところを仕切り直そうかと…。また、現主人であるガフィールの前に葬儀屋セジェルを営んでいた男性がいるのですが…その先代の男性はどんな人物でガフィールとはどういう間柄であったのか、ガフィールと幼なじみであるメニ国の王子・エルパ、情報屋のウヘムもきっと先代を知っていたはずなので、どういう付き合いがあったのか。とにかくいろいろな事を妄想する作業をやっていました。元々は字書きではなく絵描きですので、妄想ができなくなってくると絵を描きます。人物像はこんな感じかなという絵を描いてみて、そこからこういう顔の人物だったらこういう事をしてほしい…等々、性格や能力を割り振っていくような作り方をする事もあります。

というわけで、現段階で完成している2話までの物語の中で幼なじみ3人衆がどうも文字で説明しているだけにしか見えないのでもう少し作りこんでみようかなと思いました。試しに幼い頃どんな感じだったのかなというのを絵に描いてみたわけです。意外性がないのはいつも主人公ですかねw というわけで、下の画像はあまりにも思っていたままに描き上がってしまったガフィールの幼少期のスケッチ。本当なら顔だけではなくて、想像力を更に刺激するために3人いて何かしているところを描くべきなのですが、他にも設定を作りたいものもありましたので、今回の人物スケッチは基本顔だけです…。

◆ガフィール(幼少期)
b_gafir.jpg

意外性はないものの、描いてみたら少し気弱そうな感じになりました。もう少ししっかり者の方がよかった気もしますが、多分こういう一面も持っているのだろうという事で何かしら想像力を働かせてみました。おそらく彼がこのくらいの年齢の時には父親は健在だったのでしょう。だから気弱でもやっていけた。あと、引っ込み思案な雰囲気もあるので、同年代の遊び友達を父親がガフィールのために欲しがったかもしれません。現段階の設定では、ガフィールの父親はツタンカーメン王墓の守護人でもあり王宮にも出入りがありましたから、そこで王子のエルパと出会って…少ししっかり者になっていくのかもしれません。

◆エルパ(幼少期)
b_elpa.jpg

現在公開している人物紹介ページでは若干落ち着いた雰囲気に見えるところもありますが、子供の頃は相当やんちゃだったのではないかと私は思っていました。王子様のやんちゃって普通の男の子とスケールが違いそうな気がしますので、その後、親しくなるガフィールはかなり手を焼いたのではないかなと(そしてしっかり者に成長していく…)。王宮で父親が王と謁見をする際にガフィールを伴って行ってそこで初対面を果たすということは、エルパの設定を作った時に少し考えていました。最初、父親の後ろにずっといたガフィールの事を女の子だと思っていてエルパが一目惚れしたみたいなエピソードを考えていたのですが、上の画像のようなやんちゃな子だと、気になったら突っ込んでいきそうなのでガフィールにちょっかい出して男の子とすぐにわかるような気もしますね。

◆ウヘム(幼少期)
b_uhem.jpg

画面の隅にちょこっと描いたものなのですが、個人的には結構意外な表情で出来上がった感じです。ふてくされてる感じ…というのか。彼は裏稼業として情報屋を営んでいて、でも表向きはセジェルの営業のような事をしているという設定に変更しようと考えていました。元々は孤児で、何かの拍子にセジェルの先代と出会って雇い入れてもらう事に。ただ、こういう表情をする子供ってあんまり人間関係のいいところで育ったとは思えないのですよね…。先代と出会った時も最初は心を開かなかったのではないのかなぁと思いました。もちろん王族や金持ちは嫌いな雰囲気…。もしウヘムを現行通りにガフィールとエルパの幼なじみとするのであれば、かなり頑張らないとなじまなそうなので困っています。特にエルパとはもめそうですよね。

幼なじみにする必要性があるのかと若干最近思うようにもなっているのですが、幼なじみにするのであれば橋渡しはおそらく先代であるガフィールの父親がする事になるのだろうなと思いまして、ちょっと描き起こしてみたものが下の画像です。
b_father.jpg

27歳ですでに葬儀屋セジェルの切り盛りはガフィールがしていますので、父親はだいぶ若くして他界した事になっています。最近この父親について少し設定を詰めていたのですが、この創作を立ち上げた当初は、ビジュアル設定こそありませんでしたが、死者の国メニでは伝説になっていた男性という事と、葬儀屋を立ち上げる前はトレジャーハンターであったという事、ガフィールの父親であるという事だけはすでに決まっていました。なぜ伝説になっていたかというと、ツタンカーメン王とアンケセナーメン王妃の間にできた胎児2体のミイラが(この物語上では)数千年前に行方不明になっていて、そのせいで王墓の守護神が物凄い剣幕で怒っていたのですが、その2体のミイラをトレジャーハンターであるこの男性が見つけて王墓にかえしたからです。こうやって書くと些細な事かもしれませんが、メニの国では最重要課題であったのですよ…。優秀な墓守がミイラを見つけ出す事ができないまま守護神の怒りを鎮めることが出来ずに殺されてしまったりしておりましたので…。胎児のミイラを盗まれて怒る守護神ということで、そのモチーフはツタンカーメン王の妻であったアンケセナーメンにしていました。史実の人物にかなり無茶な設定で動いてもらう事になっておりましたが、今後はどうなるのか…未定です…。

え?ここまで全部読んでしまったら、少しばっかりネタバレじゃないですか?そう思った方がいるかどうかはわかりませんが(長いのでここまで読んでいる方がいるのか微妙ですがw)ご安心ください。スケッチを描いている時は上記のような感じで色々と模索していましたが、現段階では更に別の方面に変化する可能性がありますので…多分上でお話しした方向には進まないと思います(苦笑)。なので裏話を色々と書くことが出来ました。まぁ、前から思ってはいた事なのですが、ZEBRAもAlchemistΨの主人公も、この次に語る予定のTUT9(仮)の主人公も、現段階での葬儀屋セジェルの主人公ガフィールも全て優等生系のキャラなのですよね…。見た目よりも性格は冷たくなくて優しい感じの模範生タイプで…。自分が好きなタイプの主人公で物語を作ろうと思うと全部一緒になっていくのです。や、誰が困るわけでもないのですが…いくら趣味とはいえちょっとどうなんだろうかと思いまして…。だったら一つくらい、見た目どおりにクールでダークで物凄い力を持っていて…とかそういう感じの主人公がいてもいいのではと最近になって考えるようになりました。現段階で融通がきくのは葬儀屋セジェルだけですので、大幅に書き換えるのであれば今しかない…では、少しダークでクールなキャラクターにするにはどうしたらいいのか。

実はガフィールはpixivの企画に最初に出した時点では「強面で無口な感じの人物」だったのですが、交流を重ねるにつれ優しい感じにまとまっていきました。それを初期に戻してみよう、となりまして。ただ、ガフィールをダークでクールなキャラに変更した場合、今まで作ってきた彼の周辺のキャラも変更は余儀なくされますので若干ためらいがあったというのが正直なところです。ビジュアルだけでも使えないかな…なんて今でも思っています。とにかく、主人公像を確定してどんな話にするのかを決めないと周辺キャラの変更以前の問題ですので、振り出しに戻って現在考えているところです。できれば墓守ではなく、タイトル通り「葬儀屋」に焦点を当てたい…。しかし、どうしたら…。

ここまでになってしまうと、もう本当に最初から作り直しなので主人公のイメージを少しづつ固めるためにあれこれ書いたり描いたり妄想したりするわけです。そこで描いたのが下のスケッチです。
葬儀屋セジェル設定.jpg

以前エジプトの料理店に行った時に一度だけ吸わせていただいた水煙草。これ、画像検索をかけると結構美しいデザインのものが出てきます。この水煙草を主人公に持たせてみたいなと思いまして、あれこれ用途などを考えました。以前の設定のガフィールに持たせるには無理がありましたが、ダークでクールにするのであれば問題なく馴染んでくれるでしょう。使用方法は煙草を吸うのが目的ではなく、そこから出てくる煙で古代エジプトの死者の書を視覚化させるため。死者の書というのは、簡単に言うと「極楽に行くための方法を書いた呪文書」みたいなものとお考えください。ただ、水煙草はキセルと違ってキセルの先から煙が出なかったと記憶しているので、それだと困り…キセル部分は独立させました。スケッチの本体の一番下のガラス部分に2本細い金属管が刺さっていますが、そこにキセルをさしこんで魔力を本体内から抽出し、必要な時に引き抜いて使う…という様なイメージで描いてみました。キセルのデザインは3種ほどざっくり描いてみましたが、死者の書の煙の様なものを魔法陣の様に丸く描くために若干振り回す可能性がある…となると、現段階のデザインだと華奢すぎてどこかで折れそうだなぁという事で、また後でデザインはしなおすかもしれません。もう少し水煙草のキセル部分の様に太くてもいいのかも…。あと、この水煙草、持って歩くには大きいので携帯できるような仕組みにした方がいいのかとも考えています。しかし、この水煙草の設定自体も今後なくなる可能性もあるので…必要になったら再度練り直すという事で…。

…というわけで、実の所、新しい設定に関してはきちんとお話できる状態ではないのですが、だいぶ現在の雰囲気とは変わってしまうと思いますので「優しい主人公がいいわ!」という方がおられましたら、2月末の非公開までに物語をお読みいただく事をお勧めいたします。ただ、内容はない感じですのであれですが…。新設定を作るにあたり、イメージイラストなどは時間があればサイトで更新していこうかと考えておりますので…まぁ、いつものごとく予定は未定な感じなので「またヤルヤル詐欺かなw」という感じでお付き合いいただければ幸いです。ダメ人間ですみません…やる気はあるのですが…ね…。

何にせよ、どの創作も設定だけで終わらないようにしたい所存であります…。一から世界を作って物語を書くというのは難しい物ですね…痛感する今日この頃…。でも、自分が好きな世界は自分で作って書くしかないので頑張ります…。web拍手並びにブログのいいね!も有難うございます!本当に、頑張らねばと思います。一つつづ形に…。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

創作語り2「Alchemist Ψ」 [創作]

創作語り2回目は、閲覧できるものが少ない当サイトの中で、唯一少し読める容量があるかなというコンテンツとなっております「Alchemist Ψ(アルケミスト サイ)」でございます。本来ならΨはプサイと読むようですが、私の創作ではサイと呼んで頂きたいなと思っています。プサイですとギャグになってしまいますのでw この創作はもともと趣味で書き始めたものではなく、商業用にするために手をつけたものでした。もちろん最初から現在サイトで公開しているような設定ではなく、紆余曲折あった創作です。

大昔にVジャ◯プで半年ほど版権ものの漫画連載をさせて頂いていた時にお世話になった担当さんが別の月刊誌に異動になりまして、そこで漫画を描くなら力を貸しますよというのが事の発端でした。この辺は長くなるので簡単に要約しますが「天使悪魔もの・ファンタジーは多すぎるのでダメ、できれば手品やマジックを絡めたものがいい(←その当時の話なので今はどうだかわかりません)」という事でした。基本的に原作なしで書いた事が今までありませんでしたので、それでなくても難しいのに更にハードルが上がったわけです。で、たまたまこの事をミクシィの日記か何かで書いたところ助け舟が…。力のある方がご助力下さるという事になりました。ただ、それでも何を書きたいのかは自分で叩き台を作る事に。そこで色々あって出来上がったキャラが今の「AlchemistΨ」の主人公であるサイでした。この時はまだちょっとした外見だけしか決まっていませんでしたが。

ですが、その方とも次に話を持っていった出版社でも結局「自分が表現したいもの」が見出せず、この話はなかった事に。この間数年ありました。でも、書きたい物語は見出せなかったのですがサイというキャラは捨てきれなかったわけです。数年の間、ごちゃごちゃいじっていたので愛着があったのだと思います。サイも最初は手品師だったりしたのですが、そのうち狼男や吸血鬼、メトセラ設定なんかもつきました。この中に、実は錬金術師というのもあり、興味が出たので調べてみました。黄金やホムンクルス、不老不死の薬を作り出す力…何だか面白いなと感じまして。この時点では錬金術師ということだけで設定作業を進めていました。でも、何だかもう少し世界を広げたい…。

そこで少し連想ゲームのような事を自分の頭の中でやってみたわけです。黄金といえばなんだろう?黄金で有名なものは?金…黄金色の砂…砂漠…砂漠といえば私は真っ先にエジプトを思い浮かべました。その時にツタンカーメンの黄金のマスクだとか古代エジプト方面に気持ちがいったのではないかと思います。しかし当時は古代エジプトの知識が壊滅的になかったので本を買ったりして調べ始めました。そうしたら、あろう事か古代エジプトにどっぷりはまり込んでしまって今に至るというわけです。タイトルはシンプルに「錬金術師サイ」なわけですが、このΨ(サイ)の文字については、どうしてもこれを使いたかったという理由がありました。デジタルのフォントですとかなり無理がありますが、私はこの文字から鍵や剣を連想したのです。Ψの真ん中の縦線がシュッと真っ直ぐ伸びているのでその辺を少し大袈裟に長めにして、鍵あるいは剣のような装飾を施してタイトルロゴにしたら素敵なのではと…。剣はキャラクタの設定上難しいけれど鍵は話に入れ込めるのではないか…色々と考えました。しかし、ロゴは作ろう作ろうと思っていたのにもかかわらず、そう思ったまま未着手です…。物語が「奇跡的に」(←強調w)完結して同人誌を作ろうというような事になったらデザインするかもしれません…。

さて、Alchemist Ψに関してですが。現時点でのメイン登場人物はサイトの方に人物紹介ページがございますのでそちらでちょっとした事はご覧いただくとして、そこに書いていない事をこちらで。一番鍵となるのは主人公ではなくヘルメスなのですが、古代エジプシュト王国を3226年間統べていたファラオ(王)です。その3226という数字はどこから来たのか…多分そんな数字まで気になった方はいないと思いますが(私の事だろうから適当につけたと思われても仕方がないのでw)、実は元にしたものがあります。ヘルメス王のモデルは「ヘルメス・トリスメギストス」という錬金術師の祖といわれる人物で、この方が3226年間生きていたという話を何かの本で読みましてそこからヘルメス王の統治年数を頂きました。それから、古代エジプトのトト神がヘルメス・トリスメギストスと同一視されていた事から、よりエジプト方面に世界観を置くようになりました。あと、これも何かの本で読んだのだと思いますが「ヘルメス・トリスメギストスは3人いる」という事で、AlchemistΨには同じ顔の登場人物が3人いるという設定に。ヘルメス王とサイとオメガ(オストラカ)は髪型が若干違いますが同じ顔という事になっています。しかし、外伝である「エシュケルの導」を作った時に、設定上どうしても同じ顔が4人になった時期がありました。この同じ顔4人目の人物…まだ出てきていませんが(あ、いや、ほんのちょっと出てきているかな…)、その後修正をかけまして違う人物となり、めでたしめでたし。作り変える事によっていい方向に向かったのは良かったです。こちらのお話の続きはいずれ公開いたしますのでしばらく…しばらく…お待ちください。…本当にすみません…。

続きといえば、本編2話はいつ更新するんだよ(怒)…という感じですが、全く手をつけていないわけではなく…。話と登場人物に若干変更が出まして、公開がのびのびになっております。こちらに関しましても本当に申し訳ございません…。ただ、ここ最近ずっとやっていたスケッチ大会で2話に登場する人物の大まかなビジュアル設定は作りましたので、こちらに一部公開いたします。セシェン城に住まう夫婦になります。一枚目はその城の主人です。
b_randrear.jpg

城…実はセシェン城という名前は今回おそらく初公開だと思うのですが、この城につきましては外伝には出てきています。サイとイオタが現代で住んでいる所、メフティという都市から北に車で30分ほど行った緑の森に囲まれている城がそれです。サイとイオタの他にその城の持ち主が住んでいると書いた気がするのですが、どうでしたっけ…w(聞かれても)。セシェンは古代エジプト語で睡蓮の意味。ただ、今まで文章できちんとした描写をしてないと思われますのでわからないかと思いますが、この城の周辺、見えるところに睡蓮は一輪も咲いていません。その辺も含めて2話を鋭意執筆中ですので今しばらくお待ちください…(もう、本当にそんなのばっかりですみません)。

さて、城の話は置いておいて…その城の主人について少し。画像の人物、名前をアージスト・ランドレアと言います。Archaeologist(英語で「考古学者」)を名前っぽくできないかなと思考錯誤した結果です。最近作り直した設定では初期と大元となる部分は一緒なのですが、外見や人物像などはかなり変更を加えています(2話着手当時は顔はしわくちゃな温和なおばあちゃんでしたw)。「代々」セシェン城を守る家系に「生まれ」世界屈指の古代エジプシュトの遺物コレクター(兼考古学者)という設定になりました。そちら方面の考古学の知識も半端なく、アルシュ博士も一目置くほど。ただし相当に気難しい人物で、学者その他横の繋がりを持つことを物凄く嫌い、遺物に関しても博物館などから展示要請が来てもすべて断る始末。一人で黙々と研究をする感じの人物です。ただし、アルシュ博士だけは特別に城への出入りを許可しています。

その気難しいご主人の奥方がマシェリ・ランドレア。
b_randrear2.jpg

めんどくさい旦那に愛想も尽かさずついてきている、ある意味凄い奥様です。ビジュアルを作る時のキーワードは「何を考えているのかわからない」「能面のような」「絵に描いたような眉毛」とかだったと思います。旦那が無口な上に無愛想なので、そこを埋めるかのように社交的ではあるものの、顔に出るアージストよりも、表情から考えていることが汲み取れない何だか怖い人物です。でも、裏はない予定です。飄々とした感じで物語上で動いてくれるといいなと思います。名前に意味はありません。アージストが呼びやすそうな名前…ぼそっと呟きやすそうな名前にしました。

上記キャラが2話で新規に加わってきます。お楽しみに!と力強く言いたい感じですが、公開できるのは当分先かと思われます…。色々やっているので…出来ないのに掛け持ちしすぎ…。

最後に既出のキャラですがスケッチを一点。アルシュ博士です。
b_arshu.jpg

主人公を差し置いて何で博士を描いたのかというと、ちょっとおじさん系のキャラを練習したかったのと、メインキャラ紹介ページの絵が相当古いので今描くとどんな感じになるんだろうか…特におじさん系は苦手なので今描いたら違うキャラになるのではないかと思ったのですが、何か全然変わらなかったね博士w!というオチがついたスケッチです。

そうそう、実はアルシュ博士にもささやかな裏話があります。アルシュと変換すると最初に「ある種」と出るとかそういうのではなくて(誰もそんな事は言ってない)、紹介ページのところに書かれている「好きなものは蒸かしたサツマイモで、ナイフとフォークを使って食べる」という話、これは今は亡き父がそういう風に食べていたので…変な癖?だなと思いつつ取り入れたものです。洗い物が増えるので自分で洗わないならやめてくれと言ったのですけれどねぇ…。何故サツマイモをナイフとフォークで食べるようになったのだろうか…それも突然やり始めた気がするのですよ…昔はそんな食べ方はしていなかったので…。その辺のことを亡くなる前に聞いておけば良かったと思いました。ちなみに容姿も性格も父とアルシュ博士では全然違います。私の中のイメージでは、ナイフとフォークを使ってサツマイモを食べるおじさんのイメージは博士のような容姿と性格の人で、そういう経緯もあって画像のような感じのキャラクタになりました。研究資料が散乱する自分の部屋で、サツマイモを目の前にかしこまってナイフとフォークを動かす姿を想像して癒される今日この頃です。

実の所、AlchemistΨに関してはあんまり語ってしまうとネタバレが酷い事になるのでどうでもいい事しか書けないのですが…とりあえず、今まで二転三転していた物語の結末については確定させました。よほどそれだとまずいという事がない限りは変更しない方向で。物語の最後を決めておかないと、どこに向かってキャラクターを動かすのかがわからなくなってしまってダメですね。この物語を公開した当初は時間の流れが二つある難しい話を考えていたのですが、それを真面目にやってしまうと私の文章技量では意味のわからない話になるでしょうし、多分私も書いていて何だかわからなくなること必至でしたので難解にならないようなお話にしたいなと考え直しました。途中で少し方向転換を余儀なくされた感じですが、それでも一応読んで頂けるような物語にはしたいと考えておりますので、ゆっくりお付き合いいただければ幸いです。

ちなみにホムンクルスですが。サイやイオタ、オメガなどのギリシャ文字の数だけ当初は設定を用意しようと思っていましたし登場させる予定でもいました。ただ、そこまで書くかどうかは今は思案中です。キャラごとに役割をきちんと用意できるかわからないからです。ただ登場させるためだけに考えたキャラというのはせっかく設定を作っても可哀想なだけですしね…。ですが、すでに名前すら出ずに物語上でガルバレイドの誰かさんによって殺害されているホムンクルスもいますので…設定すら作る前に死んでしまっているのは、可哀想とか以前の問題かもしれません…。現段階で設定ができている、物語上に出てきているのは、未公開分も含めて10体ほど。サイを現代にひきづり出すためにガルバレイドの誰かさんによって殺されたホムンクルスの人数は決めていませんが、犠牲は少なくはなかったのではないかと思います。それでも5・6体でしょうかねぇ…。おそらくオストラカの側についたホムンクルスもいるでしょう…そちらに重要キャラクタを置いてもいいわけなので、もしかするとギリシャ文字分用意できてしまったりする…??

それから、fromジパングという外伝で「ヘルメス王の黄金のマスク」が出てきますが、これも当初はただの黄金のマスクだったのですが最近になって非常に重要な役割をもたせました。おそらくその話はある程度物語が進んでから出てくる事になると思いますが、それまでに設定が死なないといいなと思います…。もうある程度話の筋は決めているので、余程の事がない限りは軌道修正はしないと決めているのですが、私の事なのでどうなる事やら…。

というわけで、創作語りというか備忘録みたいな感じになってしまいましたがAlchemistΨに関してのちょっとしたお話はここまで。あとは何とか物語を書く事で伝えられるようにしたいと思います…。ZEBRAの創作語りの時にエクスの拍手絵の話をしたせいなのかわかりませんが、拍手を沢山有難うございました!いずれ拍手絵の点数をもっと増やしたり、拍手画面でキャラがその日の運勢を占ってくれるというのも面白そうだなぁと思いつつ数年…。色々考えて数年たってもまだ実現できてないものが圧倒的多数で困ってしまいますが、とりあえず、創作語りを全て完走する事を目標に頑張りたいなと思っています。次は第3回、創作「葬儀屋セジェル」です。AlchemistΨと違って変更が多数出ている進行形の創作ですので、現在公開しているバージョンに関しては色々とお話ができるのではなかと思います。では、また今度!
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

創作語り1「ZEBRA」 [創作]

現在のサイト「Alchemist Cocotte」になってからご閲覧いただいている方には馴染みがないと思いますが、以前「Side View」というサイト名で運営していた時にやっていた創作のタイトルが「ZEBRA」です。今のサイトではエジプトモチーフの創作ばかりですが(しかも全部途中…汗)、昔は普通?の異世界ファンタジーを書いていました(しかしこれも途中w)。新しいサイトの公開コンテンツには含まれていたのですが、絵が古かったり本編が書けなかったりしてそのままになってしまい現在非公開です。しかし、自分的にはキャラへの思い入れはこの作品が一番強かったりしております。水面下では結構色々と物語については考えていましたので。脳内でキャラが一番動くのもこの物語の登場人物たちです。

最近、全てにおいてとっちらかっている創作を何とかせねばと考えていまして、サイトでこの状態では本公開はできませんが少し整理してみようと思いました。あとできちんと公開できるようにしたいとは思っているのですが…恐ろしく手間がかかることもあり…ちょっとしたまとめをブログでMemo程度に公開していってもいいのではと…思いまして…。それでなくてもブログですら更新頻度が稀なのもいかがなものかと…。更新が稀でも誰が困るわけでもないのですが、記録を残しておくには簡単に更新できるブログはいいのかなと考えました。一応記憶にある限りのことを書いていきますが、もうだいぶ前の話ですので…公開当時と違っていたらご容赦を。

そんなわけで、まとめてと言ってもささやかですがサイトでは公開していないZEBRAについて書いてみたいと思います。いつもpixivで先行公開をするのもなんですので、ブログをご閲覧いただいている方に先に…と思い今回はこちらに最初にあげました。大きい元画像は9枚ほどあるスケッチが全て完成してテキストなどを加えてからpixivにあげますので、申しわけありませんがご興味のある方は後ほどそちらをご覧ください。スケッチは他の創作作品のものもあります。主にTUT9などのキャラメイクの第一案というか、そんな感じです。

さて、創作語りに戻ります。先にも申し上げましたが、異世界ファンタジーです。主人公はゼブラという神様です。
b_zebra.jpg

ZEBRAS(ゼブラス)という特殊な種族で、ドミニオンと呼ばれる天上界に住んでいます。ゼブラは画像の耳の部分を見ていただくとお分かり頂けると思いますが、普通の人間ではありません。神様なのでまぁ、普通ではなのですがw シマウマがモチーフのキャラで、何の神様かといえば人の心の白(善)と黒(悪)を司る神様で、下半身はシマウマで足が4本です。ケンタウロスですね。このゼブラがドミニオンを追われて人間界に落とされたところから物語が始まる予定でしたw 本編をもし現在のサイトで始めるのであれば出だしはおそらく変わらないと思いますが、他の創作で大元の設定を使っているその部分は全部取り払わないといけません。多分言わなければわからないレベルではあるとは思いますが、どちらにしてもこの物語もかなり勢いで書いていましたので形にするならもう少しまとめないといけない感じです。

さて、そのゼブラの補佐役として初期に登場するのはクレヴァーという神官です。
b_clever.jpg

かなり安直な名前ですが、名は体を表すという事でつけました。ゼブラもそうですが、このキャラも(見えないかもしれませんが)性別は男性です。ゼブラと違うのは下半身が馬ではなく人である事です。優しく賢く、ゼブラが絶大な信用を寄せていた人物。しかし、色々あって悪に染まり、魔王へと変貌するというかなり無理矢理な設定でした(笑)。基本的にZEBRAS族が住まうドミニオンは、白と黒の心の要素?がいつも充填されている世界ですのでどちらの要素にも染まりやすい性質があります。神であるゼブラを除いては。色々な経緯があって悪に染まり、先ずはドミニオンを支配すべく邪魔なゼブラを地上へと落とします。ですので、基本はゼブラが天上界に戻るまでの冒険のお話です。

ゼブラを地上に落とす瞬間、少しだけ正気に戻ったクレヴァーが信頼の置ける人物の住まう森にゼブラが落ちるように軌道修正をかけます。その人物がエクスという、セントフローリア国の腕利きのエルフ族の魔導師です。
b_eks.jpg

こちらのキャラはpixivの企画や、当サイトの拍手絵にも登場しているのでご存知の方もいるかもしれませんね。ZEBRAでは企画のエクスと違ってかなりナンパな男性キャラとして登場しますが、クールな外見にそぐわずかなり明るく包容力のある人物。魔法に関しては右に出る者がいないというくらいの有名人ですが、今は魔隠しの森というところにウォルフというキャラと一緒にひっそり?と暮らしています。ウォルフに関しては後ほど。元々はそんなに元気で明るいキャラではなく、どちらかといえば殺伐と任務をこなすような感じだったのですが、とある人物に出会ってから生き方を変えようとして現在のような性格になりました。ナンパな性格ではありますが、女性とは肉体関係を持たず話し友達という感じで、近くにあるホワイトヒルズ村から数多の冒険譚を聞きに手土産をたくさん持って女の子連中がよく遊びにきます。なので、エクスは働かなくても食べ物には困らないというw なんとも羨ましいキャラ。

エクスのところで「ある人物に出会ってから生き方を云々」という事を書きましたが、その人物がヒューマン族(この物語でいう普通の人間)のリルとなります。
b_ril.jpg

バルチェスタ国のフィルディック山の頂きにある森で木こりを生業にしている人物です。身長2m越えの大男。妹を流行病で亡くしますが、これにエクスが関わっています。いい方面ではなく悪い方面で…。妹の仇がエクス…という、人物相関図に書くならそういう事になります。色々あって、その後は共に旅をするようになり、リルのおかげでエクスは少し人を信頼するという事を覚える感じに。この時にエクスは現在の明るい感じの性格に変わっていきます。その辺のお話が前にブログでも少し触れたと思いますが「一瞬(まばたき)の友 永遠の友」という外伝になります。エクスのバックグランドを固めたいがために書いた話といっても過言ではないですね…。私の創作は本編よりもまず外堀を大袈裟に埋める事から始まるようです…w

さらにエクスと関わりがあるのはウォルフという、魔隠しの森に共に住まうキャラです。
b_wolf.jpg

実はこのキャラもpixivの企画に出しました。そちらでは喋る事はできないけれど可愛らしい少年で表情に喜怒哀楽はあるのですが、ZEBRAでは顔は同じでも表情が乏しく基本的に何を考えているかわからない少し近づきにくい感じのキャラになっています。その性格は、過去に母親を惨殺されるという事に由来。ちなみに父親はエクスではありません。父親はキイルウルフ族という強力な魔法を持った人狼の種族の王で過去に魔王によってその種族が住む国は滅ぼされました。国の名はマジェスティア。その王妃であるオフィーリアがたまたま?エクスの元にたどり着き、腕利きの魔導師と知って助けを求めますが、結局エクスがいるという事で魔王自らが乗り込んできて母親だけは犠牲になってしまった…という設定だったと思います。時系列がめちゃくちゃな気がしますので、この辺は本編を作るなら考えないといけない所だなと「今」思いましたw そもそも母親が惨殺された地にエクスとウォルフの二人が留まるとは考えにくいですよね…あと魔王はいつからいるのかとか。エクスはいつから魔隠しの森に住んでいるのかとか。こういうのも含めて作り直しは必須なのかと考えます…涙。余談ですが、ウォルフという名はエクスが考えてつけたもので本名ではありません。本名は思い出せずw 「たとえ人の姿にあったとしても(実は画像の姿はエクスによって作られたもの)自分の事を忘れないようにと…俺が…ウォルフ(Wolf:狼)と名付けた」というセリフがウロ覚えですが記憶に残っています。ちゃんとメモに残しておいて…私…。

ゼブラが地上に落とされた時、天上界復帰のために冒険に出るのはウォルフで、エクスはついていきません。この人が付いて行ってしまうと強すぎてシャレにならないですし苦労もしませんので。旅に出ない理由付けをあれこれ考えていたはずなのですが相当忘却の彼方なので、所々覚えている事をあとで反芻しようと思います。さて、ゼブラとウォルフは冒険に出ました。最初の難関だったかどうかは覚えていませんが、アマゾネスの村的な場所にたどり着いて…なんか手紙を手に入れる話だったのではと思います。なんで手紙を必要としたのかは記憶の彼方…。その村で出会うのがセイラという負けづぎらいな女の子。手紙を守っている種族という設定だったと記憶しています。
b_seira.jpg

よく漫画に出てきそうな設定ですが、自分よりも弱い男は嫌いという性格で、少し弱そうに見えるウォルフは出会った当初は大嫌いでした。弱いというのは外見で判断してしまったセイラの見る目のなさからですが、実際キイルウルフ族自体は相当な魔力を持つ種族ですから、王子であるウォルフはその力を受け継いでいますので弱いはずはありません(ただし、エクスが強すぎる魔力をセーブするための魔法は施していて、エクス特製のウォルフの頭のリングはただの飾りではなくきちんとした役割を持っています)。色々あってセイラとウォルフは和解?し、そのご彼女は自分でも知らない感情の奥底でウォルフに恋心を抱くようになります。こういう子は恋煩いとかしたら大変そうですね。で、この子も一緒に冒険に出るという感じだったと思います。「あんたたちみたいな弱いのばっかりだと辿り着ける所にも辿り着けないでしょ!仕方がないからついて行ってあげるわ」。かくして3人旅に。

上記以外に、実はセントフローリア王国の王女であるイリアと、「勇者始めました」なアランという男の子がいるのですが、ちょっと今回スケッチが描けませんでした。この辺も短編があった気がするのですが残っている気配がなく…。あとでもう少し探してみます…。それからナルサスという花売りの少年がいました。…今だから言いますが(当時ネタ明かししていたかしら…?)このキャラとゼブラが双子という設定で…でも双子ってよく不吉とか言われるじゃないですか…それに則って生まれてすぐ地上に落とされて大変な苦労をして生き残って、これまたよくある話ですが不自由なく暮らしている兄弟のゼブラの事を魔王に吹き込まれて、虎視眈々とゼブラの事を狙っているキャラとして作りました。ただ双子というか同じ顔を持つ人物が主役で二人出てくるというのは創作「Alchemist Ψ」もそうですので、この辺も物語を作りなおすなら変更…ナルサス自体はなかった事になりそうです。双子ではなく別設定のキャラとして使う事も考えたのですが、ちょっと特殊すぎて無理そう…。…というわけで、現段階で記憶にある限り、当時キャラの設定を作っていた主要メンバーはこんな感じです。こうしてみると、結構考えていたんだなぁと思いました。これでもw

キャラは以上ですが、このブログをほぼ書き終えた後に少しだけZEBRAに関わるデータを発見しましたので、一部ご紹介いたします。昔サイトで公開したのか、それとも未公開で水面下で書いていたものなのかどうかは不明ですが、プロローグの部分になります。サイトできちんと公開するのであれば若干加筆修正は必要となるとは思いますが、とりあえず、記録としてこちらに残しておきます。ちなみにデータ名に日付が記載されていました。どうやらこれを書いた(初めて書いたのではなく加筆修正して最後に更新した日付)のは2007年4月17日のようです。

*****ZEBRAプロローグ*****

ヒューマン(人)という種族が世に誕生する遥か昔から、天上(てん)には神が住み、地上を見下ろしていた。ある時、神がヒューマンを作り、その種族を統べる為に「ゼブラス族」を作り出した。人の心の白(善)と黒(悪)を司るゼブラス神は、純粋な少年の顔を持ち、白と黒の象徴的なカラーを配した縞模様で彩られた体は、時や場所を素早く駆ける事ができるように下半身は馬のいでだちとなった。神の名前はゼブラ。天上界-ドミニオン-の見渡しの良い小高い丘の上の白き神殿に、神官クレヴァーと共に住まう。

人を統べる神が天上界に配され、少し経ってから地上には人(ヒューマン族)が誕生する。人々は最初、争い事も無く平和に過ごしていたが、ヒューマン族から色々な種族が生まれ、そして次第に欲が出、人の物を奪い合う戦いに身を落した。争いの対象は物の争奪にとどまらず、人の持つ能力にまで及ぶ。そうして奪った力を元に、強大な力を得た人々は更に上の力を望むようになった。そして、強きものが支配する国が現われた。

こうした争いの渦中に、強大な魔力を持った種族-キイルウルフ族-の国-マジェスティア-があった。月の力を貯えて、国を維持する為だけに力を使ってきた。しかし、月の力は陽の力よりも使う事が難しく、その力を利用出来る種族は少なかった。その為に力が分散される事はなく、分散しない力はいつも一つ所に有り、その力はやはり強大であった。それを狙って月の都に近付き、力を略奪、利用しようとする者が現われた。

黒き王アルビオン。

黒き王は、悪の力の源である精神体であり、ゼブラス神の支配下に置かれ、力が大きくなり過ぎないように管理されていた。ところがその体勢にアルビオンは不満を抱く。

「白き(善)と黒き(悪)、どちらが欠けても
 ヒューマンは成り立たず。
 白きのみでは、生ける物を殺して命の糧とする事は出来ない。
 黒きも無ければ、ヒューマンは滅するだろう」

「白きと黒きは、ヒューマンを生かす同じ立場に有る。
 それが何故、我は白きの下(もと)に置かれているのだ」

抑圧された力は水面下で鬱積し、抑制されつづけていた為に歪んだ精神は、白き力を憎むようになる。そして、歪んだ精神は支配下から出るための力(エネルギー)に少しづつ少しづつ変化していった。しかし、白き王ゼブラとあいまみえるには余りにも力が足りない。天上の力は白き王の支配下に置かれているため自由にならず…。

「では、地上はどうだ」

見下ろせば、ヒューマン以外にも色々な種族が住まう水の星が見える。そこから沸き上がるエネルギーのオーラを、アルビオンの赤い瞳が鮮明にとらえる。その一点に絞られた視線の先には、月の国-マジェスティア-があった。(データ原文まま)

**********

ゼブラス神の誕生が先なのかヒューマンが先なのかどっちなんだ…他にも突っ込みどころが満載ですが、まぁその辺は本編を書く事があれば直します。あと、セイラの紹介のところで触れた「手紙」の件ですが、こちらもメモが残っていました。昔の私は今よりも全然優秀だったようです…w それから花売りが結構重要だという事も判明…。こちらも設定を残すために貼っておきます。どこまで使うかは作り直す事があればその時に決めたいと思います。

******設定MEMO******
白き手紙は、元々マジェスティアの民が作り出したものだった。国を守る為に勤めたものへの報賞として一つだけ願いを叶えてくれると言う感じのもの。その力は絶大で、実はこの手紙によって、支配しに来たアルビオンを(かなりの犠牲の元に)封じ込めることに成功する。

しかし、この世界の魔法は術者が死ぬと解けてしまう性質が有り、封印したマジェスティアの王がなくなった時から(何かの理由で国は滅亡、封印した手紙は代々の王が引き継いでいたが…)、手紙の力はなくなり風化していく事になる。滅亡するまでは平和であったマジェスティア。平和が続いた為に、その国に封印された強大な力の事は、人々の記憶から少しづつ消えていっていた。そんな最中、魔王が復活する。

もちろん、封印が解かれただけでは大きな力を持っていない。しかし、封印が少しづつ解けていく間に、自分の変わりになる体を手に入れて、その体で黒きエネルギーを吸って生きる花を売り、力を貯える事にする。その花は「黒き心を食べて、世の中を白く浄化する事のできる花」で、純白の美しい花である。世のため人のためと言って花屋はその花を売り続ける。 しかし、黒き心を食べ世を浄化するが、花は黒きエネルギーを貯えて、魔王復活の力になる。

黒き実りは、その花が植えられてから約200年後(年数はあとで物語にあわせて調整)。その実りが訪れた時、天上界ドミニオンに異変が起きた。アルビオンが世界中に植えられた膨大な量の黒き花の実り力を得、その力によって神官他ゼブラス族が豹変、ゼブラは地上に落される。落された所は、以前から神官クレヴァーが人間界の様子を見に降りていたセントフローリア随一の魔導師エクスがいるホワイトヒルズ近郊であった。クレバーが最後の白き心を振り絞って、ゼブラを少しでも安全な所にと思い転移させたのである。

早くドミニオンに戻らねば今後生まれてくるヒューマンはすべて黒い心を持って生まれてくる事になる。黒きヒューマンが世界に溢れかえる前にゼブラは天上界に戻るために冒険に出る(データ原文まま)

*********
また、アルビオンという魔王の名前についてこんなメモも

*********
アルビオン…英国の古称。英国の南海岸が白亜の土質だったことに由来する。
       最初から真っ黒な存在はないという事。
       魔王の魂も最初は白だったという事をかけて命名。
       Albion
*********

設定MEMOに関しては時系列がどうなっているのかとか、そもそも復活という言葉はおかしいのではとか、「それどういう事?」という所も多々あるのですが…基本的には覚書のようなものですのでご理解ください…。以上、創作「ZEBRA」語りでした!他にもいろいろメモがありますが、載せていたらきりがないのでこの辺で。ただ、想像以上に自分の文章技量を考えず大きめな世界観を作っていたようで…簡単に作り直す事は難しい気がしました…。少し世界を狭めて容量的に軽めに作り直せたらいいのですが…。ただ、外伝は本編にあまりかすっていないので、公開すること自体は問題はなさそうです。

ここのところ、なぜかサイトの更新は全くしておりませんが拍手を沢山頂いております。有難うございます!とりあえず、創作語りは現在手をつけている創作あと3作分は公開したいと考えておりますので、少々お待ち頂ければと思います。その公開が全て済んだあと、スケッチに少しテキストなどを加えてpixivにあげたいと考えています。そちらは絵の全貌を見ることができますが、ブログのように細かいことは書き込めませんのでご容赦いただければと思います。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -